引っ越しと粗大ゴミ

引っ越しと粗大ゴミ

引っ越しの準備もいろいろとありますが必要な物と不要な物の仕分けをしてみたら、どうしても不要物、しかも粗大ゴミが出てしまいます。

 

こういった粗大ゴミですが普段のように、ゴミ収集日に出すことはできなくて、処分方法をまず、自治体に問い合わせて決まり通りに処分しましょう。

 

引っ越し日が近いのにゴミがまだまだある、という事態を避けるためにも、効率よく処分を進めておくと良いでしょう。
大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。
階段から落下させて壊した、などということになると大変ですから、見た目にも丁寧に荷物を運んでくれる引っ越し業者は信用でき、頼りにしています。
転勤族なので引っ越しは何度も経験していますが、作業は私も一緒になってやっており、今まで一度も、荷物を荒く扱う業者に当たったことはなかったです。
とはいえ、引っ越し時には荷物の破損があった場合、補償する仕組みもあり、引っ越しは自分で運んだりするよりも業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。

 

 

ドラム式の洗濯機を使用しています。

 

 

 

以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。新居に引っ越した日、荷解きをしていたら、ダンボールが濡れているのを見つけて引っ越し業者に連絡を入れてみました。

 

ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようで何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。その状態のままで運んできたようです。

 

 

たいした被害にはなりませんでしたが、洗濯機のホースから水を抜いておく、ということは思いつきませんでしたし次は失敗の無いようにしたいものです。
引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、元の家や引っ越し先の隣人に対してしっかりと挨拶をしておいた方が良いでしょう。挨拶をしておかないと隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。いざという時の隣人トラブルを円満に解消するためにも、隣人たちには、出来るだけ挨拶しましょう。どこからどこに転居するとしても引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、サービスとして、業者がくれることもありますが、無料ではないとか、それだけでは足りないとかいう話も耳にします。上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、ダンボールは無料で分けてくれるものです。

 

 

 

サイズが整わないのは仕方ありません。

 

移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、サイズが一定していない場合は気をつけて積み重ねないといけません。引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に緊張するのは割れ物の対応です。

 

新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。まずは上手な包み方を心がけてください。
ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくとクッションとしての役割がより高まります。細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。
近年においては、実行する人も少なくなったかもしれませんが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、という習慣がかつてはあったのです。

 

 

どういった由来があるのかというと、ソバの形から「細く長く」お付き合いをという願いを込めたのと、お側(ソバ)に越してきましたのでよろしく等という洒落っ気も込めて新しいご近所さんたちに振る舞われたり、配られたりしたとされています。
これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。

 

 

「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。
忘れもしない、初めての引っ越しの時、気付いてみると、一つの箱のいくつかの食器が欠けていました。

 

それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、ショックは大きかったです。
ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、もうクレームをつける気にはなれませんでした。これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。

 

福岡 単身赴任