単身世帯の引っ越し

単身世帯の引っ越し

業者を利用した単身世帯の引っ越しは、通常のサービスを使って引っ越すより、引越し業者の単身世帯をターゲットにしたサービスを探していくと費用の軽減ができます。

 

専用のコンテナを使い、荷物を収めるというパックが多いので荷物が少ない人しか使えないという先入観をもたれますが、荷物は案外たくさん収められます。

 

 

 

若干荷物がはみ出すようなら、他の宅配サービスで送れば良いのです。

 

 

 

結婚のために引っ越したとき、よく荷物を届けてもらっていたヤマト運輸で、単身引っ越しサービスをお願いしました。
実は、業者さんを頼っての引っ越しというのは初めてでした。

 

ですからコールセンターへの電話も緊張していました。
ですが、スタッフ全員がきちんと対応していただき、作業も丁寧で全く問題なく引っ越しを終えることができました。また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときもぜひお願いしたいと思います。
転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、その上で、一つだけ多くの人に聞いて欲しいことがあります。

 

忠告ですが「大事な物、壊れやすい物は他人に任せず自分で運ぶ」です。

 

忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの食器が割れてしまっていました。

 

それらが、自分で作った陶器だったため、かなりショックを受けました。とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、もうクレームをつける気にはなれませんでした。

 

 

 

これから先の引っ越しでは、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。

 

職場が変わったのでその近くに住みたい、家族の人数が変わった、などの事情があって今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものやいらない服などを一気に処分し、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。引っ越しを機会に布団を買い換えたという話はめったになく、同じ布団を使い続ける世帯がほとんどのようです。
毎晩使っているので引っ越しを機会に新しくすることもあまりないようです。

 

 

他のことと同じく、引っ越しで大事なのは段取りです。ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、日程を考えて梱包作業を進めます。日用品は取り除けておき、それ以外をものの種類で分けながらさくさくと梱包していきます。

 

中身が何か書いた紙を、ダンボールに貼っておくと片付ける手がかりになります。

 

電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも忙しくても、必ず終わらせましょう。